HOME>特集>明かりで失敗しないために考えておくべきこと

サイズを確かめよう

イルミネーション

LED照明を購入するときは、所有している器具にあった規格のものを購入しなければいけません。もしも、電球タイプのものを利用したい場合は、口金サイズをしっかりとチェックしましょう。口金サイズがあっていなければ、装着することすらできないので、せっかく買ったLED照明が無駄になってしまいます。丸形蛍光灯タイプのものを利用したい場合も、直径のサイズが重要になります。30型や40型など使っている器具に使えるサイズが決まっているので、それに合ったものを用意して装着しましょう。

カラーを選ぼう

空き部屋

器具に適切なLED照明のサイズが把握できたら、次は明かりのカラーを選ぶようにしましょう。昼白色や電球色などいろいろなカラーが用意されているので、自身の好みや部屋の雰囲気に合ったものを選定しなければいけません。もしも、それぞれのカラーがどのようなものか分からない場合は、大きめの家電量販店を訪れてチェックしてみましょう。照明売り場にはいくつものLED照明が置いてあり、実際に明かりがつけられています。どのようなカラーなのか自分の目で見て確認できるので、取り付けてから後悔しないものを選びましょう。

広告募集中